t-suzuki 雑記ノート

主に技術の話

initscriptの記述 LSB記法とchkconfig

背景

kibana をインストールするときに、initscriptを自分で作成した。その時に疑問に思った initscriptの記法についてメモしておく。 https://github.com/akabdog/scripts/blob/master/kibana4_init ここらへんを参考に自分でPATHなど変更して使った。上の方にBEGIN INIT INFOで始まるブロックがあるが、それの意味を調べた。

参考

INIT INFO

LSB(Linux Standard Base)の記法。ディストリビューションによらない共有の記述みたい。chkconfigはRedhat系だけっぽい。

### BEGIN INIT INFO
# Provides:          kibana
# Required-Start:    $local_fs $remote_fs $network
# Should-Start:      $time
# Required-Stop:     $local_fs $remote_fs $network
# Default-Start:     3 5
# Default-Stop:      0 1 2 6
# Short-Description: Kibana 4
# Description:       Service controller for Kibana 4
### END INIT INFO
  • Required-Start: ここで指定されたserviceを起動した後でこのinitscriptのプロセスを起動する
  • Default-Start: 起動するrunlevel を指定する。ネットワーク経由でアクセスする前提のプロセスについては大体3(マルチユーザモード)と5(マルチユーザモード+Xディスプレイマネージャ)。2はマルチユーザモードだけどネットワークを起動しない。

chkconfig と書いてあるinitscriptもあるけど?

elasticsearch はLSBの記法に加えて、内容が重複するものが書いてあった。

# chkconfig:   2345 80 20
# description: Starts and stops a single elasticsearch instance on this system
#

### BEGIN INIT INFO
# Provides: Elasticsearch
# Required-Start: $network $named
# Required-Stop: $network $named
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# Short-Description: This service manages the elasticsearch daemon
# Description: Elasticsearch is a very scalable, schema-free and high-performance search solution supporting multi-tenancy and near realtime search.
### END INIT INFO

chkconfigの記法では、priority が数値で指定できるが、LSBの記法だとRequired-startとかで前後関係しか指定できない。priorityの間に新しいのが入ると大規模な(数値の)シフトがおこるっぽい。 内容が重複しているので、LSBとchkconfigでどちらが優先されるのか調べたところchkconfigコマンドのmanによれば、LSBの記述が優先されるみたい。